「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
スペシャル2013年1月号
まずは恋愛ラボTVアニメ化おめでとうございますー!
予想通り!ドヤァ!

つい先日担当さんと雑談でアニメ化の話題になった時
「恋愛ラボアニメ化しないんですか~?」的なことを言ったら
「え~?それよりこっちの~」的に否定されたんで、夢のまた夢かと
思ったものです。今わかりました。あれはもう決まっていて
言えなかったんだと!膝を叩く思いです。

アニメ楽しみです!そしてTVアニメ化した作品と同じ雑誌で
連載させていただけるなんてなんかすごい夢のようです。


早いものでもう1月号ですよ…まだ11月なのに!
ということでなんか一足お先なサンタ扉絵です。

今回のテーマは前にもちょっと触れたこも巻き。
「教師諸君!!」では毎年笛田先生がやっています。

・稲生さんが冬らしい装いになっています。
 あともう一息で初登場時と同じになるかなという感じ

・こも巻きをすると害虫ではなく益虫が集まってしまうことが
 分かったので、今ではやっていないところもあるようです。
 それとは別に、防寒のためのこも巻きもあります。

・すわりっぱの仕事は意外と寒いです…
 特に1階って底冷えしますよねー。着る毛布走っていましたが
 デスク用ミトンとかちょっと欲しい…

・雪吊りは本を参考にしているのでたぶんあっているはず…
 金沢の兼六園が有名なようです。日本でも旧古川庭園とか
 六義園でやっていた記憶。りんご吊りかっこいいですよね。
 これぞ日本庭園の冬!な見た目と高級感が好きです。

今回は過去少し出たリーズ作りやクリスマスローズの他に
久々の野良猫をかけてとても満足です。
スペシャル2012年12月号
今回は菊ということで、色々な菊を描くべく頑張りました!
あと、今回からスペシャルの目次頁にコメントがつくようになりました。

うわっ、私のコメント、浮きすぎ…?

でした。でも根が真面目なので真面目なコメントを考えてしまうのです!
ねじめではありませんまじめなんです!
とまー単行本の文章とかを好きだという方がいらっしゃるので
力尽きるまで(※)この調子でいこうと思います。
原稿終わった後に考えるんで割と力尽きた状態です

・モデルにしている植物園の菊まつりは10月28日から!
 あと近所のどこかのお寺かなんかでも菊まつりやってて
 菊人形出ていました。描いた後に知ってガッツポーズ!
 でもモデルにしている園でも秋バラちゃんとやってますよー
 それと10月27・28はフラワーフェスティバルという園のお祭りがあります

・菊ははじめ中国から西洋に伝来したようですが、
 その時はあまり人気なくて、江戸時代に日本から渡って
 ブレイクしたようです。江戸時代は太平の世で朝顔や菊の栽培が
 大流行、品種改良が進んだようです。
 肥後菊などのご当地菊(?)もできました。

・菊酒は9月に飲むようです。鼻を一厘浮かべて飲むそうで何ともお洒落。
 何となく体にも良さそうです。
 菊の名前を冠したお酒も結構ありますし、菊とお酒の関係も調べれば
 色々出てきそうです。

・菊一文字は商標なのでそのものズバリを云うのは避けました(笑)
 ズバリ云わない努力を見て取ってくださると嬉しいです!

・「県のたより」に園内の植物園や自然公園などの情報が載ってます!
 あんまり目立たないです。本当に目立たないです…
 (たまに表紙に来ることもありますが)

・昔々国鉄の大船駅に本当に花が展示されていたんですが、それは園ではなく
 華道の先生だったかがボランティアでやっていたとのこと(家族知人調べ)
 あと湘南モノレール大船駅(湘南江の島駅もだったかなー)にも
 花が飾られていた遠い記憶…

他にも松本清張の『菊枕』とか、キク科のオナモミやタンポポなど
話題が広がりそうなんで、また機会があったら描きたいです。
描くのしんどかったですが!

あと20日発売のまんがタイムむんこコレクションに「趣味じゃない園芸」
初回~4回目までが掲載されています。

見返すと、全体的にみんなの髪型が結構変わっていた…かも。
藤野先輩は稲生さんが出てから髪のウェーブがゆるくなりました。
植村さんも髪を結わいてる位置が昔よりちょっと高くなっていました

あと南方青年の髪形がかなり変わっていた…
設定ではさらっとした今風の髪型のはずだったんですが
そんなの描いたことねーってなわけで
最初はなんかイガイガしていましたトホホ
スペシャル2012年11月号
扉絵はさるかに合戦イメージなんです。
なんか木がひょろ長くなりました…
どことなく変なのはわかってるんだけどこれが今できる
精一杯だったんでご容赦くださいまし

・月下美人は実際にモデルにさしてもらっている園でも
 展示されてます。残念ながら今回はあんな豆粒だったんでラフ目ですが
 ちゃんと描きたかったなーあー残念だなー
 (なんかすごくややこしい造形なんで核の大変そうでした)

・「戦いの光景が浮かぶ」とかぶでちょっとかけてます
 多分誰もわからないので主張しておきますっていうより
 普通にセリフ考えたら「かぶ」が入ってて駄洒落ラッキーって感じです

・食べた果物の種を産めた思い出を持っている人は多いはず…
 てなわけで今回のネタなんですが、誰も本気で果物がなるとは
 思ってないはず。(流石にプロですしな…)
 でも種から実際に芽が出てうまくすれば
 花が咲くってのは結構楽しいんじゃなかろうかと…

モデルにしている園では50周年記念イベントは
確か7月にやってしまいました。
私は盛大に日にちを間違えて行けなかったんですが、
近隣の学校のブラスバンドとか飲食店や模擬店なんかも出て
盛大なものだったようです。

10月下旬にフラワーフェスティバルという
毎年恒例のイベントがあるので、モデルにしている園がわかる方で
近隣の方はぜひ足を運んでみてください!
2012年11月号ゲスト
いつもの「教師諸君!!」と、
まんがタイムスペシャル連載中の「趣味じゃない園芸」
二本立てです。演芸をご存じない方もよろしくお願いします。
登場人物たくさん出して名前も沢山呼ばせてみました
扉では三つの課の図解までしている見苦しい努力をしています

あとは「教師~」と差別化図るべく
瞳や神にハイライト入れたりする見苦しい努力を
感じてくださると嬉しいです…

今回は盆栽大特集なんで本たくさん借りてきました!
本当は本編でじっくりねっとりやりたかったんですが、
また機会があったら本編のほうでねじ込んでみます。
登場している盆栽は多少アレンジ加えていますが、本を
参考にしました。かわいいものからカッコいいものまでたくさんで
ハマりそうな世界です

・盆栽壊しちゃう野球少年のコマが一番のお気に入りです
 ほぼ毎回どこかしらに古きよき昭和テイストの入る謎4コマ…

・「手に負えず丸投げ」は最初「手に負えず施設に丸投げ」
 だったんですが、こりゃやばいでしょと施設部分を
 自主的にカットしました

・「配件」は今回盆栽の本たくさん借りてきて初めて知りました
 ジオラマな感じで面白いですねえ

・同じく外国(欧米)の人は派手好みというのは本情報です。
 中国の盆栽も作り込みが多め。
 日本はわりかし無為自然カッコイイな世界なんだそうな。
 お国柄が出ていて面白いですねえ

・モデルにしている植物園にもそれはそれは小さい日本庭園があります…
 鯉もいるヨ!錦鯉も外国で人気ですねえ。
 イギリスの刑事ものドラマでそんなに位が高くない刑事さんが
 自宅の庭で錦鯉に餌やるシーンがありました。
 金持ちの道楽でなくかなり一般に普及しているみたいです。
 ドイツの田舎町のペットショップにもポスター貼ってあったなあ

・南方青年と蘭々が県庁に出張に行く回は掲載最初の方にあります
 チェックよろしくお願いしますーと宣伝!
スペシャル2012年10月号
夏場のお弁当と薬味ばなし・菌類もあるヨ!な回となりました

・キノコは前の回ちょっと引きずっているので
 前の回もチェックよろしくお願いしまっすー

・夏場のお弁当話は色んな料理の本見たので
 確実だと思います。

・小さい上に台詞が重なっちゃっていますが
 藤野先輩がハーブ園妄想している背景には
 ポツダム宮殿庭園の中国茶館描いときました
 怪しげな建物でお気に入り

・南方青年は性格的に絶対弁当男子

・藤野先輩は意外と田舎育ち

・便所飯ネタは前の前の回辺りで作ったネームですが
 このたびようやく使える箇所が出て満足です!
 (お気に入りで、担当さんにも好評だったんですが
 流れ的に使えなかったという)

・そして今回(前の回からかな?)
 ようやくこの園が湘南の地にあるということが分かるという
 モデルにしている園の方に確認とってないから
 どの変まで出していいか正直分からないという…不手際すぎる

・あと地味に炎天下作業の挙句にカツ丼食べられる蘭々の若さは
 すごいなあ、と自分で描いていながら思いました(笑)

9月17日発売のまんがタイムファミリーにゲスト掲載されるので
よろしかったらそちらもごらん頂けると嬉しいです