「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
2010年9月号
掲載が始まってからちょうど1年になりました。
まさかこんなに続くとは…。

扉絵は枕草子っぽく。扇こんなに小さくないとか、
ぎざぎざはこんな細かくないという京都オタク母の指導が入りました…

・花火リストは近所のやつをちょこちょこもじっています。

・カレンダーにチラッと見えてるのはプリマ・ポルタのアウグストゥス
 の足部分。言わなきゃわかんねー!まあ8月ということで!

・1頁目のネクタイは百合の紋章、2頁目のは土偶の顔です。
 トーンじゃなくて手描きという辺りもう。
 技術と時間があったらトーン素材作りたし

・岩瀬先生は作務衣を着ています。茶庭の手入れ用だったけど
 茶道部の顧問辞めたんで着る機会がなかったとかそんな。
 いくらなんでも普段着がそれとかではないはず…

・深沢先生が買ってつけてたカチューシャ?は
 祭り会場でよく売られている発光するやつ。
 屋台には「上海も良いけど筑波もね!」「リバイバルEXPO85」とか
 書かれています。土星みたいなキャラはコスモ星丸。

・昔花火大会会場で近隣のPTAとかがDVホットラインとか
 「ダメ、ゼッタイ。」系のうちわ配っていました。
 あと学区の大きなお祭には教師の見回りがありました。

・西名先生の服はアディユニ国の濃い色のアウェー参考。
 でも西名先生は特定のチームのファンではなくて
 吸湿速乾という機能がお気に入りなのだと思います。
 きっとオーセンティックじゃなく丸洗い可能なレプリカだよ派。
 …世帯じみている!あとヤタガラスタオル巻いてます。

・火薬の歴史はバックに具体的にギリシャの火とか城攻めとか
 描きたかったんですが、そこまでしなくても!と
 担当さんストップがかかりました(笑)

・ヘンリー8世はエリザベス1世のお父さんで、
 男児の跡継ぎが欲しかったので離婚したくて
 国教会立ち上げて「離婚絶対禁止」のカトリックと縁切りして…
 と、とにかく大暴れしました。この夫婦に男児がいたら
 大きく歴史が変わっていたであろうという人です。

あと最後の頁の最後のコマ、またモノローグ入れるの忘れた…
今回もなくても良いんですが、左が空いてしまって
てきとう背景なのがばれる(笑)


長くなってしまったんで、旅まんがの方は畳みます↓
今回は旅行のエッセイまんがまで描かせて頂きましたー!

扉絵は大好きな建築、フィレンツェ大聖堂
サンタ・マリア・デル・フィオーレのクーポラ。(鐘楼も少し)
姑息に写真トレース。けど自分の撮った写真だから無問題!
ネームでは、タイトルの下敷で潰れるように
吹き出し置いて、西名先生に延々大聖堂の説明を
させていましたが、流石に画面がうるさくなるのでやめました。

本編の方は昨年09年の2~3月に旅行した時の体験です。
母との旅行ですが代金私持ちですんで!脛かじりじゃないんで!
力いっぱい主張しますぞー。

このときはウンブリア州の小さな町中心に回る旅でした。
完全な自由旅行です。「タクシーを使わない」が
自分ルールなんで時間の無駄しまくり。レンタカー?なにそれ(笑)

一応イタリア語はラジオイタリア語講座・入門編を
数年前に一度だけ最後まで聴きました。
なので挨拶やオーダーやチェックイン、その辺の人に道を聞く…
レベルならわかります。イタリア語講座応用編?なにそれ(笑)
機会があったらもっとちゃんと勉強したいなあ

母がロココな格好なのは、サド侯爵のイタリア旅行記の彫像の好みと、
母の好みがほぼ同じだったからです。何だそりゃ。
スポンサーサイト