「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年6月号
カラーが4頁、白黒が4頁の計8頁という初の試みです。
掲載が始まって10回目ということで久々のカラーです。
まさかこんなに続くとは…ありがたいことです。

課題はカラー映え☆キャッチーです。クリアできたかどうか…
服装のセンス皆無なんでねえ。ワンピースとかハイカラなもの描けねー

カラー頁の最後のコマの左下、モノローグ入れ忘れです。
別になくても意味通ると思いますが、すみません!
ちなみに「お茶…!!」と入れるつもりでした。

・扉は第1回と同じような構図です。第10回目なので区切りっぽく。
 とか言っていますが前号がマニアック過ぎたんで
 「今回はわかりやすく!」という指導が入ったのでございました。

・天皇陵とかレーニンとか、バチカン図書館(微妙に旬から外れてる)
 とか考えたけども、わかりやすく、ということで正倉院です。

・駅弁祭は峠のアレとか森のアレとか、ひっぱりアレめしとか
 地元銘菓は鳩のアレとか。

・駅は地元の栄えてない側の出口です。そっから電車乗ったか、
 乗った場合電車の種類とかは特に決めておりませぬ。
 でも向かった場所によって旅情サスペンスのような謎導線になるかも。

・図書館は地元の中央図書館です。
 蔵書数がとても残念なのでこんなに積めないと思います(笑)

・城先生の隣でおっさんが読んでる本は
 「実益の園芸2009年7月号・トピアリーを極める」。
 庭はベルサイユを参考にしました。何というこだわり。本来の意味での。
 おっさんは教頭先生とは関係ない人です。

以下は蛇足
私事ですが、とんだ未来日記漫画になりました…

この掲載が始まってから、資料のためにと
母校の市民お茶講座を受講してお茶にハマっとりました。
講座が終わってからも先生のご厚意で講座メンバーによる
月一くらいのお茶同好会をやっております。

この原稿を入稿したあとのこと。
予約しておいた和菓子を取りに寄ったお店の人に
「予約は次週に入ってる」と告げられるまで
日にちが次の週であることをトンと忘れておりました。

普段はこんな阿呆な間違いしないんですがトホホ。
こういうのって言霊とかでなく何ていうんでしょうねえ。
なーんて、単なる間抜けです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。