「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
2013年1月号
扉絵は本文でもちょろっと出てくる三銃士ネタです。
去年映画公開時に文庫本買って最初のほうしか読んでいなかったりします

今回は伏線回集回ってな位置づけなんで
小ネタを入れられる余地があまりなく、ネームで非常に苦心しました

・水戸黄門な西名先生のところの文字を
 なんかかっこよくしてもらえてなんか嬉しかったです

・教育センターはどこの都道府県にもあるらしいです。
 サイト見る限りでは研修とかにも使われているみたいなんですが
 なにやっているのかが分からないだけに
 学生時代にはあまりいい噂は聞かなかった謎の施設です。

・酉谷吏圭って「とりたにりか」て読むのかなあ?だとしたら女性?
 なんも考えず似た字面探したらこれだよ!

・今回初めてさらりと明らかにされる笛田先生のファーストネーム。
 元ネタはありますが駄洒落みたいなもんなんで
 きっと誰にも分からないはず。

・県のワークショップで意気投合、はそのなんだあれです
 1巻の最後を参考にしていただければ分かるんですが
 収録作で期間にひとつ空白があると思うんですがそのあれです
 なのでパッと出のネタってわけでもないんです
 奥歯に物の挟まったような表現!

・「人生は舞台だ」ちうのはシェイクスピアです。

・遍歴職人ネタは2巻に収録されているのでそちらをご覧下さい!

小見出し編
・「どんぐりと山芋」は「~山猫」のもじりで深い意味はありません

ティアでこさえたペーパーより
2012年11月19日記事用

身の周りで2巻出たこと知らない人が多くて
2巻でましたよって声かけていいものか迷いますね…
スポンサーサイト