「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
2012年11月号
今回は毎年恒例(?)文化祭です。
ようやっとルネサンスネタを出せて余は満足じゃ…

扉絵は時事ネタに乗っかってみました!
誤解を招くかもしれませんが、あの修復画からは
「人体の構造なんてどうでもいいんだよ!」な中世マインドを
ひしひしと感じるのでなんだか憎めません。

・西名先生は茶道部正顧問・被服部副顧問な感じです。
 小見出しのクリエイティブ顧問ズはwikiのアレ。

・ちょっと前に出した西名・玉縄両先生お泊りの秘密が今明らかに!
 西名家の蔵書は他の家族の分もあるから多いってな感じです

・西名先生畑仕事ルックはnike→kappaになった辺りの
カイザースラウテルンのユニを参考にしています
 私の趣味で最近緑基調のユニばっかりなんですがたまには赤系で
 (白黒だし言わなきゃわかんねー)

・今回のもう一つの隠されたテーマ(?)笛田・二階堂先生の
 土地争い(笑)に終止符を打てました!
 あのままだと二階堂先生が単なるろくでなしになっちゃうんで
 今までも機会あらばちょいちょい解決編をねじ込みたかったんですが
 担当さん曰く誰も気にしていない&その展開は誰も望んでない、との
 ことで、なかなか日の目を見ることはありませんでした。
 やっと描けて、そして二人は仲良く喧嘩する間柄ということも描けて
 とても満足です…笛田先生と二階堂先生の不毛な対立関係は
 個人的にとってもツボ

・ルネサンスの時代は工房一つで色んな仕事を請け負ったので
 そこの徒弟たちは自然と色々な技術を身につけました。
 なのでそこそこ絵心のある職人なら大体「万能の天才」でした。
 パクられることを恐れ、あえて素描を残さなかった職人もいます。
 作品にしても、どの職人のものも(もちろん三巨匠のものも)
 全部残っているわけではないです。なので未だ知られていない
 物凄い天才が色んな時代に沢山いたと思いたいですねえ
 その方が夢いっぱいですし

・万能なら納期守れや!は個人的なレオナルドへのツッコミ(笑)
 どのよいしょ番組でもそこは間然スルーずるい!

・素描は14世紀前半シエナで、主に土木方面で活躍した
 マリアーノ・タッコラのものを模写しました。
 レオナルド・ダ・ヴィンチの素描にも当時使われていた機械
 (巻き上げ機など)のスケッチも結構あるとのことです。

・今泉先生のメソポタミア談義は「サイン・シンボル事典」とか
 その辺の割とどうでもいい豆知識的なものを拾ってみました
 切れている台詞は「メソポ・タミアと切るんじゃなくて
 メソ・ポタミアと区切るんだってねーメソアメリカとか言うじゃない
 メソはラテン語で「~の中」を表すんだよ」とか続くはず

・毎回地味にクオリティ高い(けど地味なのであまりで晩のない)
 城先生のクラス…

・エドワード衣装に好評いただいたんで今回もエドワード衣装を
 着せてみました!あと何気に男装は初めてかもしれません。
 ショーの本番は描かないつもりだったんですが
 担当さんから「それを かかないなんて もったいない!」と
 言われて描きました。

・久し振りの岩瀬先生登場ってなわけで次は北嶺高校文化祭
 行きます多分。西名先生たちの八反目高校より
 名前の呼ばれる回数の多い(笑)謎の北嶺高校!
 …まあ自分の名前連呼しないよねっていうリアリズム重視と
 言うことで一つ…

・「北嶺高校とやらがどこまでやるか見てみるとしましょうぞ」は
 かつて一世を風靡したというパソゲーのOP台詞を参考にしました。
 友達の家で見せてもらいましたカッコよかったです!
スポンサーサイト