「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スペシャル2012年7月号
あらやだ6月号飛ばしてた!…まあおいおいと…
今回は初めて発売日より早く届いたので更新も早いです。

扉絵は担当さんに何事といわれた&すんごく分かりにくいんですが
「羊たちの沈黙」ぽいことをやってみたかっただけでございます。
印刷が印刷が濃く出てしまっているんでなんか怖くなっちゃいました

・今回はツツジとシャクナゲ…なんですが近所のツツジは先週で
 ほとんど枯れてしまい…そういや今頃まだ見ごろなのってこの辺なら
 箱根とかちょっと高地だったり寒いところだったなあとか
 しみじみと…季節はずれ炸裂ですみません。

・園長さん案内によるツアーはモデルにしている園でも
 月2回やってます。こんな園長ではないはずです。

・平日午前中にツアーとか参加する人は定年退職後や専業主婦だったり
 有閑階級(死語)だとおもうので年配の人にしました。
 大体そういう方は自宅でも園芸やっているだろうなあと

・サンショウバラは大体どこの植物園にもあるのではないかなあと。
 箱根湿生花園に行けばきっと確実だと思います。本場ですしね!
 もちろんモデルになった園にもあります。

・シャクナゲは新潟の農園の方が熱心に新しい
 園芸種を作っているようです。えっこれツツジじゃね…と
 違いが良く分からなかった(のと同種であった)ので
 こういうネタになりました。

紆余曲折ありましたが(?)当初の予定通り崖っぷち植物園物語
はっじまっるよー!なオチでございます。
モデルの園は分かる方にはおわかりでしょうが名前を出していいものか
聞けないでいるので(…)まだ伏せています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。