「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年3月号
2012年3月号


表紙カットは何故か得意気に「いわしひいらぎ」を持つ西名先生です。
今回も8頁です。そしてこの号が2巻に収録される最後の回になります。

今回も一見さんお断りな回になってしまっていますねえ…
かまどの話とか一応説明入れたんですが分かりにくいかもです。

扉は錬金術でチョコを作る笛田&西名コンビ。
錬金術と言ったら私にとってはルネサンスなイメージです。

・針供養は12月のところもあるようですが、
 近所のお寺が2月なので2月にしました。

・カーニバル(謝肉祭)は宗教儀式ではありません。
 その次の日の「灰の水曜日」から40日間の肉断ち開始なので、
 肉の食いだめ的などんちゃん騒ぎをするようになったようです。
 40日間の断食はイエス・キリストが荒野で断食修行をした日数より。
 日本人にとってはナンノコッチャですが、アチラの、特に内陸部の
 人にとっては辛い40日間のようです。魚のハリボテを引き回したり
 火あぶりにしてうっぷん晴らしをする祭があるとのこと。

・「肉がダメなら魚を食べればいいじゃない!」の西名先生は
 1巻の表紙のコスプレをしています。手には「ひいらぎいわし」。

・「サカナのタネ」はサカタ。

・しょぼい絵ですが<西名イメージ>は「君の名は」イメージ!
 今回何故かやたら時間が掛かったので、資料を見るとかまるで考えず
 本当にイメージだけで描きました。色々すみません

・「ニシナ書」は詩篇だったか何だったかを適当にアレンジしました。
 原形とどめていません。なのでOKだと思いたい…

担当さんに最近歴史ネタないですねって言われて
確かに食べ物の話ばっかりだったので、今回詰め込みましたぞ!


追記で企画ばなし
>>続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。