「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スペシャル2012年1月号
表紙カットはよそ行き過ぎてよそへ行ってしまいました…
なんちうかもっと精進します。

掲載に当たって見本誌をたっぷり3か月分くらい貰いましたが
あまりにも自分の作風とかけ離れたキラキラ眩しい世界だったので
舞踏会に招かれたシンデレラ(変身前)気分でいます。
髪にハイライト入れてみたり、瞳に○を入れてみたりと
見苦しく努力しています(笑)あとやっぱり担当さんからの課題も
ハードルの高いもの(自分比)になっています。

・元となっている園の名前は言っていいのかどうかわかんないので
 この1月号を献本しに行くとき聞いてみます(笑)
 多分もっと上に聞いてみないとってことになるかもですが!
 「教師諸君!!」で元ネタにしている地域&扉の外観で
 わかる人には一発で分かるはず!

・ヒロインの「小野山蘭」は本草学者の名前のアナグラムっちうか
 並び替えです。「南方」は熊楠。

・「藤野」先輩は元ネタが違って、モデルとなるものがあって
 それをもじった感じです。フルネーム出す機会があれば
 そのときネタばらしします。

・園長はいつもプルプルしているけど病気とかではなく
 アホ毛やツインテとかと似た萌え記号だと思って下さい(笑)

・2枚目位までは大体園の広報の方に伺った内容を
 忠実に(?)再現しています。現実には新卒いないんだとか…
 まーでもそこは作り話ですから!

・広い芝生キャッキャのコマは、広い芝生で大富豪気分=
 ストウとかスタウアヘッドとかの広大な英国風景式庭園を
 想定しています。それが2コマ目では小ぢんまりした温室とか
 プライベートガーデン的な庭になっちゃってるんですが、
 もともと二本だったものを担当さんオーダーで一本に
 圧縮したからです。風景式庭園とプライベートガーデンの区別とか
 細かくやると、興味のない人置いてけぼりになってしまいますし、
 その辺匙加減難しいですねえ…

もし晴れて連載化!となったらいずれ庭園ネタやりたいんですが
雑誌のカラー的にも画力的にもハードル高いし難しいです。
…画力は自分でどうにかしろと。

庭園以前に、園芸小ネタも絡めていきたいですが、スペシャルに
園芸好きの方が果たしてどれだけいらっしゃるかということが
問題らしく…その辺の匙加減は「教師諸君!!」の
歴史ネタ並か、それ以上に試行錯誤で行くと思います。
(一応歴史は学校で習うけど演芸は完全に趣味の世界なので)

私自身の園芸・植物・庭園ネタの引き出しもないですしな…
その辺の大人の事情込みでお楽しみいただけると嬉しいです。

なんか超絶言い訳みたいですが(ちうか言い訳ですが)、
つまり何が言いたいかというと薀蓄ネタをお望みの諸兄は
ぜひともアンケートで「駒倉に色気とか要らねーから!」と
書いたってくだされば皆が幸せになれますということです(笑)
きゅんきゅんとかラッキースケベとか描いたためしのない私が
一番幸せになれると思います。人助けだと思って是非!

そういや私の考えたタイトルは「葉ばかりながら」でした。
植物園なのに華も花もない枯れている感じが出ていて
お気に入りだったんですが、鮮やかにスルーされました(笑)
恨み言のようですが、骨折で大幅に予定狂ったところを
辛抱強く待って下さった担当さんには感謝感謝です。
見たことのない境地を体験させてくれて、何だかんだで
楽しいです。続けられるかどうかは謎ですが!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。