「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
2011年7月号
前の号で体育祭の話題をチラッと出したので本番の体育祭!
のはずがその準備段階(ですらない)となりました。
現時点では体育祭での西名先生を全く想像できないので
こんな展開になりました。

今回は退院後に家で作業できましたが、横座りみたいな
微妙な体勢で描いたのでなんか微妙にみんなの顔が長いという
(笑…えない)。今後気をつけますー!

扉絵は図書館で借りたDVDの「近畿地方の祭」的なものより。
御田植神事は住吉大社の6月のお祭でございますー。
本当は貴船神社の雨乞祭にしたかったんですが、ビジュアルの
資料が乏しかったのと、3月のお祭なのと、
植女の衣装がかわいかったのとで御田植神事にしました。

・深沢先生の下の名前がようやく出てきます。
 元ネタは藤沢周平から。しかも藤沢は隣の市だったりして
 色々とおいしい(自己満足)

・今年は深沢先生が担任で西名先生が副担任ということに
 しています。何故コンビを組むのか?それは社会科教師が
 4人固定な以上、これ以上キャラを増やす必然性が今は
 ないからです(どーん)

・「はははは」の書き文字は長谷川裕一先生リスペクトです。
 長谷川先生の「はははは」の書き文字すんごいかわいいです。
 あと今回はないですが基本的に白抜きの「わー」は
 榎本俊二先生リスペクトです。

・西名先生が準備室で見ているのが貴船神社の雨乞祭の様子です。

・深沢先生はカツ丼とってて教頭先生は愛妻弁当で笛田先生は自作、
 今泉先生はほか弁系で、西名先生はおばあちゃん弁当なのでしょう

・マヤ時代のチチェン・イツァ遺跡のセノーテという泉には
 雨乞いのために子供や若い女性を投げ込んだという話があり、
 泉をさらったら宝飾品や白骨が出てきたということです

・西名先生が捨てている衣装や仮面類?は「図説金枝篇」なんかを
 参考にしました。

・今泉先生は車通勤

今回の参考文献は中米の世界遺産系の本と生贄の本と
図説金枝篇あたり。それとDVD日本の祭の近畿編です。
日本の神様がわかる本もちらっと。
スポンサーサイト