「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
2011年5月号
ペン入れまでを病室で手掛けた記念すべき(?)回です。
だから箸休め的なエピソードという訳ではなく、
当初からこういう展開を想定していました。

・扉絵は遍歴職人。いや別に「大聖堂」にハマっているからと
 いうわけではなく!だいぶ前に見たドキュメンタリーの記憶を元に、
 『朝日世界の歴史』 図版等を資料にしました。
 ボタンの数で週6日働く、1日8時間働くとか決まっているようです。
 資料の写真じゃあの数に見えたんだけどどう解釈するのか…(笑)
 黒いジャケットは木を扱う職人だそうです。
 フランスも戦後遍歴を復活させたようですが、
 (『甦るフランス遍歴職人』参照)見た目でドイツ。
 意外や意外、フランスの方が遍歴の復活早くて数も多いんですねえ

・1頁目で持ってるマグカップ、深沢先生は以前にも出てきた
 家紋柄、城先生は歴代首相の花押柄。やっぱ西名先生が
 買ってきたのかなあ?

・久々前埜先生。幸せオーラを岩瀬先生に見せつけたれ!的な黒い
 思惑とかはなく、ただこの学校への思い入れが強いのだと思います。
 今いる学校は産休中に行くのもアレだし、みたいな感じで。
 関係ない話ですが、私は小学校1~2、4年と産休補助の先生に
 お世話になりました。なので産休の先生は小学校のイメージが強いです。

・20代から30代の~はよくネットでネタになっているあれですHAHAHA

・新聞記事で転任後にフルネームが明らかになる岩瀬先生。
 「こういち」は、岩瀬(地名)の郵便番号下4桁が0051だから。
 字は樺山紘一先生から頂きました。
 耿や晃も考えましたが座りの良さでこれ。ちと堅実すぎな字面かもですが!
 「耿」は意味がいい感じでした。特に「耿耿」になると、1つは
 「明るく輝く」だけど2は「気にかかることがあり心が安らかでない」(笑)。
 「晃」は西村晃にきまっておろう!…えー時代劇人間です。

・他の名前は、石田愛子→愛甲石田で、
 他は「僕達のこと漫画にしてよ」と言った
 入院時の担当医の方々の名字です(笑)下の名前は適当。

・4月1日の深沢先生のネクタイは五鯉躍。
 お菓子の包み紙を参考にしました(笑)。

・西名先生は交通事故にもあったことがあるのかも

・回想シーンの岩瀬先生ネクタイは地図記号の城跡

そんなこんなで次回、ようやく新しい社会科の先生が出てきます。
スポンサーサイト