「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年9月号
・ベアニーのぬいぐるみ
・フニャD
・ツヴィングリ時代のスイス(地図)

小さいですが探してみてください。
一番下はあんなきれいに出るならもっとちゃんと描けばよかった!

ベアニーはサッカーチーム、バイエルンミュンヘンの
マスコット熊(きもい)です。この場合のきもいは褒め言葉です。
着ぐるみとか癖になるデザインです…
パチ臭く描いたので訴えられないと思いたい…(笑)

フニャDちうのは15世紀ハンガリーにフニャディという
素敵な名前の偉い人がいたので使ってみました。

ツヴィングリはルターと同時代の、
スイスはチューリヒの初期宗教改革者です。
スイスの国名は直訳すると「スイス盟約者団」でとてもカッコイイ。

この頃読んでいた本の傾向が如実に現れています。

扉絵は有名な「少年よ大志を抱け」のクラーク像です。
はじめは趣味大爆発で、西名先生が
「プリマ・ポルタのアウグストゥス」像のコスプレをする…
というコンセプトでしたが、マニアックすぎると却下され(笑)、
辛うじて似たポーズだけ残りました。

片手を上げるのは富野アニメOPリスペクト…
というわけではありません(笑)
近年富野アニメが大ブームだったりするので、
結果的にそれっぽくなってちょっと嬉しかったり。
>>続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。