「教師諸君!!」「趣味じゃない園芸」「居間には今外国人がいます。」という色んな方向に申し訳ないタイトルのまんがのことあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『教師諸君!!』3巻おまけ頁
単行本をお持ちの方へのパスワード制のおまけ頁です。
やっとこ開設できました!

単行本3巻おまけ頁へ行く

ID:玉縄先生の下の名前と今泉先生の下の名前をローマ字で。
 半角、すべて小文字で、続けて入力してください。
 例えばめぐみと史生なら、megumifumioというように。
 
パスワード:カバーを外した表紙の漫画の、
 1.出てくる漢数字の個数
 2.漢数字それぞれを全部足した数
 1と2を続けて半角数字で入力してください。

今回は簡単だと思います!
パスワード間違ってないといいんですが…


1巻と2巻のおまけ頁もまだまだ開設中ですのでよろしければ
お越しください。

教師諸君!!1巻のおまけ頁へ

教師諸君!!2巻のおまけ頁へ
スポンサーサイト
『教師諸君!!』3巻の書店購入特典など
『教師諸君!!』3巻の書店購入特典です。

エンジョイスペースGUILDさん(遍歴職人)
コミックZINさん(サリバン先生)
ジュンク堂さん(中華風)
とらのあなさん(エドワード調)
ブックファーストさん(ルネサンス風)

となっております。()内は西名先生の衣装です。
そのほかにそれぞれ2コマ漫画描きました。
特典は全種書き下ろしです。どうぞよしなにー!

支店の多い書店は、全店なのかどうなのかまだ確認していませぬ…
とらのあなさんとコミックZINさんは葉書サイズです。
他はどのくらいの大きさになるかはちょっとわかりません。
コミックZINさんは2巻にも特典がついてくるみたいです。

また何か変更点などあったら更新します。

6月16日更新・ZINさんの情報更新。
3巻購入の方へのパスワード制サイトは今しばらくお待ちください!

それと鎌倉市大船の中田書店さん、
鎌倉駅西口のたらば書房さんでお買い上げいただいても
何かいいことがあるかもしれません。
中田書店さんはご好意で1階レジ横に置いて頂けるみたいです。
どちらもあまり大きな書店さんではないので、
遠方からいらっしゃる場合は在庫・特典の残部確認を
おすすめします。

他の記事の更新が遅れていますが、まずは拍手の返信をしました。
お心当たりのある方はご確認ください!
2013年5月号
教師諸君!!最終回でございますよー!

最終3巻は6月7日発売予定です。
書下ろしはいつもより少なくなっちゃうかもしれません。
書き下ろし特盛りでって頼んだんですが残念無念

扉絵は教師陣の高校卒業時代ってな感じです。
老若(笑)男女皆18歳で揃えてあります。
西名先生は普段もっとダサいけど卒業式ってことで
お婆ちゃんが編み込みしてくれた、的なシチュエーションを
想定しました。

西名先生普通の学生だったのー?と思われましょうが
何やらもやがかかっているので
妖しげな幻術を使っているのかもしれませんよ…?

誰が誰だかわかるようになっているはずですが、
左から2番目の誰やねんって人は
単行本を1巻から読めばわかりますぞ(と必死臭)

・西名先生希望通りの転任ってのは水着回の玉縄先生で
 ほんのり出しておきました。

・てなわけで西名先生の転任先は小田原辺りです
 街道沿いとか憧れていましたし。
 箱根にしたかったんですが公立高校はないのですなあ…

・茶室で変な踊りを踊る西名先生はちゃんと白足袋はいてます
 部屋入りは白足袋か白の靴下でNE!

・セクシー女教師セットについてのあれこれは単行本2巻を
 見たってくだされませい(必死臭)

・西名先生転任後社会科教師のまとめ役になってちゃっかり
 ジャージ着用の今泉先生でありました。
 金沢行く時にそう引き継ぎやりとりを入れるつもりで
 ネーム描きましたが尺の都合で泣く泣くカットしたのでした
 そんなわけで今泉先生肝心なとこで寝ちゃったのでした

・口が菱形の(名前がないからってひどい表現だなあ)実習生
 まさかの再登場!予想されていた方おめでとうございます!
 担当さんから
 「企画に描かれる自画像に似てますね、モデルはご自分ですか?」
 とか言われて大ショック(笑)モデルは他にいますYO!

・まさかの教頭END…とかではないですよ(笑)

これどうでしょう、と一番最初に送った
どっちらけ的なオチは鮮やかに却下されまして…
最終回には口出ししない主義という担当さんをして(笑)!
どちらかというと掲載すぐにこんな感じで終わらせられると
いいですねキャッキャ的雑談から生まれたとおりの終わり方になりました。

その時は西名先生は離島に~とか秘境に~と話してましたが
神奈川県には離島がないのと秘境っぽいところもないので
劇的な結末にはなり得なかったのですが、そこがまた西名先生はじめ
あの学校のメンバーの別れの台詞「今生の別れじゃない」
らしいかもしれません。

今まで応援してくださった方、どうもありがとうございました。
西名先生たちの人生はこれからも続きます。
またどこかでお会いできることを楽しみに…

て、まずはひみつブックですね…すみませんすみません
当座の目標は3巻より早くにひみつブックを出すことですね…

遅れまくっているので、応募してないよって方は
イベント会場とかに応募券を持ってきてくださったら個人的に
ごめんね賞的な何かグッズとかをこさえてお渡ししたいです
(ひみつブックではありません)
その時にはまたここかツイッターかでお知らせするつもりです
どうぞよしなに!
2013年4月号
扉絵はいつかやりたかった奇跡の人です
西名先生はサリバン先生スタイル+眼鏡をご所望の方が
思いのほか多かったのもあり

・前回カレンダーめくって終わりましたが
 別にその後すぐってなわけではないです
 一応服装が違うからお分かりいただけるとは思い…たい

・鎌倉にも長谷寺あります
 モデルにしている学校からもバス一本です
 …と非常にわかりにくくご当地アピール!

・「お別れです…」という西名先生はイースIIの
 フィーナの最後のほうの台詞イメージ。
 記憶を元に描きたのでけっこういい加減です

・深沢先生の夢の中で「文句があるなら~」と言う西名先生は
 付けぼくろをつけています。原稿の汚れではなくてよ
 馬車に葵のご紋つけときました。参考にしている馬車は
 ナポレオン3世だかのなんでベルサイユの時代とはちょいと違います
 そこはひとつ、見た目重視で…

・「馬術など乗馬の文化は|」のコマ、浮世絵を参考にしたんですが
 なんかとっても貧相になってしまいましたトホホ

・日本の在来馬は120cmくらいしかなくとっても小さかったのとか
 守備のためにあえて街道を整備しなかったとか
 (東海道でもあえて橋をかけなかった川などありますし)
 さまざまな理由がありますが本当に不思議ですねえ
 何で馬車がなかったのかに深く切り込んだ本があったら読んでみたいです

・小見出し「裏切りの白旗神社」はイデオンのサブタイトル
 「裏切りの白い旗」のもじりです。言わなきゃきっと誰もわからない…
 白旗神社は藤沢市にあります。東海道を歩いた旅人たちが
 足を伸ばして白旗神社にお参りすることも多かったとのことです

・「ダイヤルNを廻せ!」ももじりです。岩瀬先生の計画が
 上手くいかなかったって言うこともかぶせてみました

・修二会はお水取りのことです。
 私も割と最近知りました…haha…

今回の資料は『馬車の歴史』『馬車の文化史』とかそんな系です

…というわけで次回最終回です!
今までちりばめた伏線らしきものを
できるだけ回収できたらと思っています


○以下はちょいと突っ込んだ話
(今回は長すぎたので追記にしましたが
自分にとって大切なことなので、追記ではなくまた
最終回近辺に改めて一つの記事として上げます)
>>続きを読む
2013年3月号
今回はいつもより2枚少ない6頁です。
パソコンがいかれてお先真っ暗だったんですが、
2枚少なかったので助かりました…。
なんという偶然…ありがたやありがたや

扉絵は薬の存在をありがたがる病床の西名先生と看病の笛田先生
訳わからんシチュエーションでお届けしております!

・あえて12月ではなく年をまたいだこのときに
 マヤネタを持ってくるという。
 西名先生はマヤの暦は滅亡とかなにも言ってないってことを
 わかった上でトンデモを楽しんでいるんだと思います!

・式年遷宮のコマの社が酷すぎたんで直せたら直したいですねえ…
 資料はあったんですようううう

・チョコレートのあれこれはBBC地球伝説とか
 チョコレート展を参考にしました。

・やっと描けました修学旅行ネタ!
 私の高校時代はスキー、今も母校はスキーらしいんで
 取り立てて描くべきこともなくさらっと流しました。
 西名先生がカラオケで歌っているのは「よされよされ」
 「アイヤーアイヤー」でわかってください(笑)

・薬を掲げる西名先生の机には戸塚のゆるキャラ
 「とつか再開発君」と「うなしー」を描いておきました。
 西名先生の隠れ設定に「きもいマスコットキャラ愛好家」
 というのがあったのを思い出しまして…。

・かまど神のネタに何じゃこりゃっと思われた方は
 1巻に学校にかまどができたいきさつ、
 2巻にかまど神の発祥(?)が描かれているので
 見たってくださいましー

今回オチがアレでナニですが
わかる方だけわかってやってください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。